介護業務は食事介助、環境整備、シーツ交換(ベットメイキング)
口腔ケア・入浴介助、全身清拭と部分清拭、
手浴・足浴、爪切り、排泄介助、体位交換など多岐にわたります。
他にも、患者さんと密にコミュニケーションをとり、
心のケアを行うことも大切な仕事であると考えます。

私たちはそのような業務の中で
「自分の家族であったらこんなケアをしてあげたい」と常に考え
患者さんとご家族に安らぎを与えたいと思い日々業務を行っております。

身体介護

食事や入浴などの動作がスムーズに
行えるように支援します。

患者さんや利用者さんには、ベッドからの起き上がりや移動、着替え、飲食などの何気ない動作にも、支援が必要な方が多くいます。そんな方々の負担が少しでも軽くなるよう、優しく手を添えながら介護を行います。

余暇活動支援

さまざまなレクリエーションで心身の機能維持を支援します。

ボールを使ったレクリエーションや体操、施設内や近隣の散歩などを一緒に行いながら、身体機能の維持やストレス発散などの目的をもって行います。

コミュニケーション

利用者の心の支えとなるよう、よき話し相手を務めます。

普段から患者さんや利用者さんの話しをよく聞き、楽しく会話しながら、心の支えになるような支援をします。

看護業務補助

看護師とともにチームを組んで、患者さんを介護します。

ベッドのシーツを交換したり、飲食や入浴の介助を行うなど、看護師と介護職が協力して支援を行う仕事です。看護のプロの仕事を間近で見ながら、多くの経験や知識、技術を身につけることができます。

チームケア

さまざまなエキスパートとチームを組んで介護します。

医師、看護師、介護職、栄養士、リハビリ職、薬剤師などの各エキスパートがチームを組み、患者さん、利用者さんのケアにあたります。ケアの方針や問題の共有など、専門職を超えたコミュニケーション力も求められます。

ご応募・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム